クレーターのようなにきび跡を残さないためには・・・

日々のスキンケアを怠らないことが、
にきび跡のクレーター化を予防するためには欠かせません。

適切な方法で顔を洗い、
お肌の状態をよいものであり続けるように維持しましょう。

張りのあるたっぷりとした泡で顔を洗い、
流水でよく洗いながすことが大事です。

充分に睡眠が取れていないことや、
食事に偏りがある場合もにきびができやすくなります。
睡眠時間が少ないと美肌にも悪影響ですので、
ぐっすりと眠れる時間と環境を整えてください。

糖分や油脂の多い食事をすると、
にきびの原因となる皮脂の分泌も多くなるので、ほどほどにしましょう。

ビタミンCを積極的に摂取することで、お肌の回復力を高め、
にきび跡がクレーター状にならないように予防ができます。

にきびができた箇所をやたらと触ったり、髪が触れたりするとにきびが刺激され、
症状が悪化してクレーター状になってしまうことがあります。
にきびを確認したら、皮膚科の治療を受けるというのも選択肢の一つですよ!

近年では、できたにきびを軽度のうちに治せるような薬もたくさん開発されています。
にきび跡にステロイドを注射したり、専用のテープを貼るなどして、
にきび跡を目立たなくするという治療方法もあります。

医療機関を受診して、
クレーターになったにきび跡の改善に取り組むこともできますよ。

コメントは受け付けていません。